当院のオフィシャルサイトのリンク

管理栄養士レシピ:揚げゴボウの甘辛和え

管理栄養士レシピ
この記事は約2分で読めます。

腸内細菌の改善

坂井歯科医院所属の管理栄養士が監修

ゴボウを食べると腸内細菌の改善につながる。

食物繊維豊富なゴボウは抗酸化物質が豊富です。少々手間がかかりそうなお野菜ですが、皮には豊富な栄養成分が集まっており、便秘予防や食後の血糖値の上昇を抑える事を知られています。

水溶性食物繊維のイヌリンを含むゴボウは腸内のビフィズス菌を増やす効果を果たしますので、「菌活」にうってつけ。生活習慣病の予防や改善にゴボウの栄養素はなかなか無視できないものがありますね。

腸内細菌の改善は口腔内の環境改善に結びつきます。

そう、歯周病病と腸内細菌の関わりはまさに「密接」なので、積極的にゴボウを利用したお料理にチャレンジしない手はありません。

それではみなさま、メモのご用意を。

揚げゴボウの甘辛和え(3人前)

材料

ごぼう2本

★みりん 大さじ2

★醤油 大さじ2

★砂糖 大さじ2

★料理酒 大さじ2

白ごま 適量

揚げ油 適量

下準備

  • ゴボウをたわしできれいに水洗し、土を落とす。長さ4㎝に切り、太い場合はさらに縦に4等分する。
  • フライパンに揚げ油を入れ、予熱し始める。

調理

  1. 予熱したフライパンにゴボウを入れ、素揚げする。
  2. ★の調味料を鍋に入れ、とろみが出るまで熱する。(焦げやすいので、焦げないようによく見てください)
  3. 2に揚げたゴボウを入れよく和える。
  4. 皿に盛り付け、お好みで白ごまを振りかけたら完成!

坂井歯科グループで栄養相談を受けられます

禁煙、食事指導、ダイエット、etc.

食の専門家・管理栄養士が皆様の健康のお手伝いをいたします。

しっかりと歯を治したあとは、栄養のある美味しいものを食べて健康な生活を送りましょう。お一人おひとりの栄養状態に合わせた提案を行いますので、ご興味のある方はお気軽に当院までご連絡下さい。栄養相談は現在「無料」でおこなっております(2021.9.13現在)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました