〒572-0084 寝屋川市香里南之町16-15 JAビル3F

良い歯医者の見分け方!

歯周病について

こんにちは、香里園にある坂井歯科医院です。

私は歯科医院に勤める十数年前までは歯についての知識など何もなかったので、歯医者はどこも同じだと思っていましたし、患者さんは家から近くの歯科医院に通うものだと思っていました。

時代の流れとともにインターネットが普及し、パソコンやスマートフォン、タブレットを誰もが手にしている現在では近くの歯医者に通うのではなく、より良い歯医者を選ぶ時代に変わってきています。

私も新たな病院にかかるときは慎重になりたくさんの情報をインターネット上で収集していますし、その情報をもとに自分に合った病院を探して通っています。

自分で良い病院だろうと思って通ってみたものの、理想の病院とはかけ離れていてがっかりした経験もあり、インターネット上の情報だけに捉われてしまうのも良くないなと思っています。

私と同じように自分に合った歯科医院を見つけるために歯科医院を転々とされている方もおられるかと思うので、今回は良い歯医者の見分け方!についてお話していきたいと思います。

歯医者に行き問診表を書き終えて診療室に呼ばれ、腰をかけているチェアーをすぐに倒されお口を開けていませんか?まずは患者さんのお口の中の状態を聞き取り、今後の治療を行う上での要望、希望を聞いてくれる歯科医院が良いでしょう。

もちろんご自身の要望に沿うことができない場合もありますが、歯科医院側から患者さんを知るということはとても大切なことですし、患者さんの意見を聞かないまま治療を行なってしまうと後にトラブルになってしまうこともあります。

お口の中は目で見える部分もありますが、確実に現在の状態を見ようと思うと様々な検査が必要で、目で見ただけの状態で治療を行うことは危険であり、治療の前には十分な診査、診断が必要不可欠です。

歯科医院に行って様々な検査を受けられたことがあるかと思いますが、これはお口の中の病気をきちんと見極めるために必要なことであり、治療を行う上で非常に大切なことであります。

現在の歯科医療も時代とともに進化していることで歯科治療の選択肢が広がっており、例えば歯を失ってしまった後の治療方法もいくつかありますが、患者さんの要望、希望に合わせて選択することができます。

最終的には患者さんのニーズに合わせて治療方法を選択していくのですが、どのように治療を行うかを決めるまでには歯科医院側からの情報提供が必要になりますし、治療方法についての情報提供をきちんと行なってくれるという点も良い歯医者を選ぶ判断基準になるのではないでしょうか。

情報提供を行う際には治療のメリットだけではなくデメリットに関しても説明することが重要で、どのような治療を行うにしろデメリットはありますので、患者さんには治療のデメリットについても理解していただく必要があります。

お口の中の病気はお口の中だけでは留まらず全身の病気と関係していることが様々な研究で明らかになっているため、特に歯周病の患者さんにはお口の中だけでなく全身との関わりについてのリスクファクター(危険因子)も歯科医院側は説明しなければならないと私は考えております。

患者さんの話を聞く、診査診断を怠らず行う、治療方法やリスクファクターについての情報提供を行うことも大切ですが、良い歯医者を見分ける最も重要であることは“予防歯科”を行っているということです。

予防歯科とは痛くなってから歯医者に行き治療を受けるのではなくお口の中の健康を守るために定期的にメインテナンスを行うことであり、虫歯や歯周病の治療が終了した後のお口の中の状態を維持するためにも必要不可欠なことなのです。

お口の中の状態が悪くなってから歯医者に行き治療を受けることを繰り返し行っていると、健康な歯はどんどん失われてしまい、最終的には多くの歯を失ってしまいます。

歯がなくなってしまうことは加齢のせいだと思っておられる方も多いかと思いますが歯を失う原因は加齢ではなくお口の中の病気であり、きちんと予防することでご自身の歯を長く健康に保つことができるのです。

ご自身のお家でのセルフケアはもちろんのこと、歯科医院での定期的な検診と歯石の除去や患者さんひとりひとりに合わせたメインテナンスを行うことで、虫歯や歯周病を予防することができます。

予防歯科の必要性をお伝えし、定期的なメインテナンスを行うことで患者さんのお口の健康を守ることこそが、良い歯医者を見分ける!一番重要なポイントだと私は考えております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました