〒572-0084 寝屋川市香里南之町16-15 JAビル3F

訪問歯科診療

皆様こんにちは、坂井歯科医院の今道です。

毎日生活をしていると理不尽に感じることもある世の中で、唯一平等に与えららえていることは、歳を重ねることだと思っています。

 

全ての人が1年にひとつ年齢を重ね、全ての人が平等に歳をとります。

いつまでも若いままではいられず、残念ながら衰えてしまう部分も出てきてしまいます。

 

人生を豊かに生きることは「美味しいものを食べる」「大切な人に気持ちを伝える」「笑顔で会話を楽しむ」私はこのようなことを大切にして生きていきたいと思っています。

 

私が考える人生を豊かに生きることは、全てお口が関係していて、人生を豊かに過ごすためにはお口が大切であり、そのためにきちんとケアすることでご自身の歯を健康に保つことは可能ですし、歯を失ってしまった方も治療することで、機能を回復することが出来ます。

 

歯科医院に通うことができる方は良いのですが、高齢や障害をお持ちで歯科医院に通院することが困難な方もいらっしゃいます。

坂井歯科医院にも長く通院されていた患者様がご高齢や病気により通院できなくなった方もおられます。

 

高齢者のお口の中の病気はリスクが高く、放置してしまうと歯を失う原因になってしまい、食べ物を噛み砕いたり、飲み込んだりという機能が低下すると、食べる楽しみだけでなく、生活の質までも低下してしまう恐れがあります。

 

ご高齢で身体が不自由な方、身体的に障害がある方など、歯科医院の通院が困難な方に対して、ご自宅や施設、病院に行かせていただき、診療することを訪問歯科治療といい、坂井歯科医院も行なっています。

 

 

訪問歯科治療では、持ち運び可能な歯を削る機械やレントゲンなど専門器具を一式取り揃えていますので、歯科医院に通院するのとほぼ同じような診療を受けていただくことが可能です。

 

ひとりひとりの患者さんの状態や年齢、環境に応じて、治療や入れ歯の作製、お口の中のケア、食べるために訓練を行い、より豊かに生活するためのサポートをします。

 

治療を行い、食べる機能の回復をすることはもちろん大切ですが、お口の中を清潔に保つこともとても大切です。

 

物を飲み込む機能を嚥下機能と言い、通常は口から食道へ入るのですが高齢者や病気の後遺症で飲み込む力が低下し、誤って気管に入ってしまうことを誤嚥と言います。

 

歯ブラシが十分でない場合、お口の中の細菌が唾液などに混ざり誤嚥することで、気管から肺へと誤って吸引され肺炎を発症することを誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)と言い、高齢者や病気の後遺症で歯ブラシが上手く出来なかったり、寝たきりで磨けなかったりする方に非常に多い病気です。

 

お口の中のバイ菌が原因で誤嚥性肺炎を発症しますので、歯科医師や歯科衛生士が定期的に口腔ケアすることにより、全身の健康をも守ることに繋がります。

 

歯ブラシでゴシゴシ磨くだけではなく、不安を感じさせないようコミュニケーションをとりながら行うことがケアであり、お口の中だけでなく寝たきりなどで硬くなっている背中や肩、首、頬、お口周りにかけてマッサージし筋肉をほぐすことで、飲み込みが良くなり、食べることへの意欲などを向上していただく目的もあります。

 

訪問して単に治療やケアするだけでなく、ひとりひとりの患者様の環境や生活背景に合わせて、お口の環境を整え、食べる機能を維持向上することで、患者様がより良く生きるためのお手伝いをさせていただきます。

 

訪問歯科診療のスタッフがチームとなり、介護医療のスタッフと連携をとりながら、患者様に寄り添うことで皆様の生活をバックアップしていきますので、お気軽にお問い合わせください。

 

受付時間 平日9時30分〜18時00分

TEL 072−812−6446 往診専用ダイヤル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました