当院のオフィシャルサイトのリンク

入れ歯の洗浄方法

この記事は約4分で読めます。

皆様こんにちは、坂井歯科医院です。

先日、我が家の洗濯機が壊れて動かなくなってしまいました。洗濯機は毎日使う重要な家電なので大変困り、しばらくはコインランドリーに通う生活が続きました。

洗濯機の壊れた原因はホコリやゴミの詰まりだったようで、毎日のお手入れや定期的なメンテナンスが必要であることを修理会社の方に伺い、今後も長く使用することができるよう現在はお手入れをきちんと行っています。

私たちは毎日お口の中のお手入れも必要で、歯磨きを怠るとお口の中が病気にかかってしまう恐れがあることはご存知かと思います。では、入れ歯をご使用の方は入れ歯も自分の歯と同じように毎日のお手入れが必要なことはご存知でしょうか?

入れ歯も歯と同様に食べかすや歯垢と言われるバイ菌が付きますので、毎日のお手入れで清潔にしておくことが大切です。入れ歯のお手入れが不十分の場合は様々なトラブルがお口の中に起こってしまいます。

入れ歯のお手入れが不十分で起こるトラブルとは?

1、口臭が発生しやすくなる。

2、口内炎の原因になる。

3、虫歯や歯周病になりやすい。

これらのトラブルを防ぐためにも、お口の中と入れ歯のお手入れを行うことがとても大切です。入れ歯のお手入れは、毎食後と就寝前にわけて、出来れば1日数回行うことが望ましいでしょう。

入れ歯はお手入れが必要ですが、自己流でお手入れをされている方も多いかと思いますので、今回は入れ歯のお手入れの方法について詳しくお伝えしたいと思います。

入れ歯は必ず外してお手入れする必要がありますので、小さな入れ歯でもお口の中に入れたまま歯と一緒に磨くことはやめましょう。

入れ歯の洗浄方法

1、毎食後のお手入れ入れ歯を洗面台に落として破損したり、小さい入れ歯は排水溝に流してしまうこともありますので、洗面器などに水を張ります。

2、入れ歯を外し、流水下で義歯用ブラシを使用し洗面器の上で清掃しますが、この時にゴシゴシと力を入れすぎないように気をつけて磨き、汚れが残りやすい歯にひっかけるバネの部分は丁寧に磨きましょう。

※入れ歯のお手入れには通常の歯ブラシで磨くこともできますが、入れ歯の形は複雑で入れ歯のヌルヌルした汚れをしっかり落とすためには義歯専用ブラシをおすすめします。

義歯用ブラシを使用した方が楽にお手入れができます。

入れ歯のお手入れをする際に歯磨き粉を使用されてしまうと、歯磨き粉に入っている研磨剤の影響で入れ歯に小さく細かい傷がつきやすく、バイ菌が繁殖しています恐れがあるため、歯磨き粉を使用されることはお控え下さい。

就寝前のお手入れ

1、毎食後のお手入れと同様、入れ歯を外し、義歯用ブラシを使って流水下で入れ歯を清掃します。

2、入れ歯の清掃後、入れ歯ケースなどにぬるま湯と入れ歯洗浄剤を入れ、入れ歯をケースに浸けます。

入れ歯は毎日使用するためブラシだけで落としきれないカビやバイ菌などの汚れがありますので1日1回は入れ歯洗浄剤を使用し、清掃しましょう。

※入れ歯洗浄剤にはたくさんの種類があり、部分入れ歯用と総義歯用のタイプに分かれているものもありますので、気をつけてご購入され、メーカーにより入れ歯の浸漬時間も異なりますので、使用方法をよくお読み下さい。

朝起きて入れ歯をお口の中に装着する際はしっかりと入れ歯を水洗いし、入れ歯洗浄剤の成分を洗い流すようにしましょう。

入れ歯をお口の中に装着したままにされている方もいらっしゃいますが、入れ歯は朝に装着し食事を終えるたびに外して歯を磨くのと同様にお手入れをし、就寝前には外して保管するのが基本です。

入れ歯を一日中入れたままにしているのは、靴を一日中履いているのと同じで、お口の中も疲れてしまうので、寝ている間は粘膜や歯を休ませるためにも就寝時は入れ歯を外しましょう。

就寝中も入れ歯を入れるように歯科医師から指示を受けている方は歯科医師の指示に従い、入れ歯を入れて寝た後はお口の中にバイ菌が溜まりやすいため、起床後にお口の中と入れ歯の清掃を行いましょう。

入れ歯は毎日使用するご自身の歯の代わりになる大切な道具ですので、正しく使用し、入れ歯で快適に過ごしていただくためには入れ歯はもちろん、残っているご自身の歯も清潔に保つことが重要です。

入れ歯の具合が悪い場合は我慢せず、早めに歯科医院を受診し、入れ歯が問題なく使用できていても定期的な歯科検診を受け、お口の中と入れ歯の状態を診てもらいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました