〒572-0084 寝屋川市香里南之町16-15 JAビル3F

新社会人になる方へ

その他の話題

こんにちは、香里園にある坂井歯科医院の今道です。

私は日本の9人組ガールズグループである「Niziu(ニジュー)」に注目していて、私がNiziuを知ったのは「Make you happy」という曲でプレデビューした頃で、もともとK-POPが好きな私はどんどん好きになっていきました。

Niziuのみなさんがデビューするきっかけになったのは日韓合同で行われた「Nizi project」というグローバルオーディションプロジェクトで、最近はその動画をYouTubeで見ることにハマっています。

家事が疎かになるくらい一度見始めると没頭してしまっていて、寝る間も惜しんで見ているのですが、彼女たちのがんばる姿を見ていると私まで元気をもらえますしその姿に感動し涙しています。

Niziuというグループ名はNizi projectの「虹」とメンバーやファンを表す「U」から名付けられていて「Need you」という意味も込められており、プロデューサーのパク・ジニョンさんは「人は一人では成功できない。みんなにはお互いが必要で、ファンが必要である」と語っています。

そのためメンバー選考のプロジェクトでは歌やダンスの評価だけでなく、人柄も重視されていて、プロジェクトではデビューを勝ち取るためにライバルとして戦うのですが、ライバル関係だけでなく共に協力する仲間でもあり仲間と笑顔で支え合い、時には厳しいレッスンに共に涙しながら励む姿は見ている人に勇気を与え、これこそNiziuに惹かれる部分であります。

競争から共生へ時代は変化

私が学生時代や新社会人になった時代は昔の風潮が強く残っていて、ライバル=負けたくないという存在であり、私にもその意識が強く刻まれており、自分と人を比べてしまうことがたくさんあり自分を苦しめていたのも事実です。

2021年4月から新社会人になられるみなさんは上司や同期とうまくやっていけるだろうか、仕事をきちんと覚えられるだろうか、新しい環境に馴染めるだろうかなど不安で胸がいっぱいではないでしょうか。新社会人に限らず環境の変化は誰もが不安に感じますし、新社会人にみなさんは学生生活から一変する環境になるわけですから未知な部分が多く不安が大きくなるのは仕方ありません。

社会人15年目の私がこれまでに両親や先輩に教わったこと、私自身が仕事をしていて気づいたこと、後輩を指導していて感じたことなど新社会人のみなさんの不安が少しでも解消されるようにまとめたいと思います。

最初は誰でも緊張する

最初にお伝えすることは挨拶で、挨拶はコミュニケーションの基本であり明るく、元気に、笑顔で挨拶することが良好な人間関係を築くための第一歩だと私は思っています。

お礼なども同様で自分の気持ちをまっすぐ伝えることは良い印象を相手に与えますし、新社会人は分からないことがほとんどなので先輩が教えてくれたり周りの人が助けてくれたりしたときにはきちんと相手の目を見てお礼を言いましょう。

最初は覚えることがたくさんあり、先輩もたくさんのことを教えてくれようとするのでメモ帳とペンは常に持ち歩き、教わったこと言われたことはその都度メモを取るようにしましょう。

メモをしていないと先輩に対し何度も同じ質問を繰り返してしまうことがありますし、メモを取っている姿を見ると教える側はちゃんと聞いてくれているなと感じます。

分からないこと、できないことは決して知ったかぶりをせずに伝えることも大切で、できるフリをして仕事を引き受けてしまうと後で大変なことになる可能性がありますので、上司や先輩を頼ることも必要です。

地道な積み重ねが成長への道しるべ!

社会人1年目はやりたくない仕事や自分が希望していない仕事を任されたり、雑用が多いかもしれませんがこれからの経験に必ず繋がりますので下積みの期間だと思ってがんばりましょう。

新社会人のみなさんはミスを恐れてしまうかもしれませんが、新人はミスをしてしまう前提で教育係の先輩がきちんとチェックしてくれるようになっているので失敗を恐れずどんどんチャレンジしましょう。

社会人として働く上で出世やお金も大切ですが、それ以上に大切なものが自分自身であり健康な状態であるということで、がんばりすぎて健康を損ねてしまっては元も子もありません。

健康であるためにはたくさん食べて、きちんと歯を磨き、しっかり寝ることがとても大切で、休みの日は仕事のことを一旦忘れて自分の好きなことをしたり趣味に時間を使ったりリフレッシュしましょう。

私は社会人になってからのこの15年でたくさんのことを坂井歯科医院で学ばせていただきましたが15年間の中では自分が立派な人間になったかのように天狗になった時期もありました。

人と人との縦横の繋がりは自分の身を助ける

決して私自身が立派な人間になったのでなく自分を過信して勘違いしていただけで、人を批判することもありましたし人に優しくできないこともあり後になって気づきましたが少しも立派な人間になんてなっていませんでした。

私が失ってしまっていたのは素直と謙虚です。

人として大切である素直と謙虚を失ってしまっては仕事だけでなくプライベートでも何ひとつうまくいきません。

私は有難いことに大切な仲間に気づかせてもらうことができ、人生をやり直す気持ちで再スタートをし、良い影響を与えられる人になりたいと心から思いました。

新社会人みなさんがこれから同じ会社で長く勤めるようになったり、仕事ができるようになっても「ありがとう」「ごめんなさい」をきちんと伝えることができる素直な気持ちを忘れないでください。

周りの支えてくれている人の短所ばかりを見ないで長所を見て心から感謝する謙虚さを忘れないで、周りの人に良い影響を与えることができる人になってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました