当院のオフィシャルサイトのリンク

進路に歯科衛生士は如何?

坂井歯科医院の話題
この記事は約4分で読めます。

 こんにちは、香里園にある坂井歯科医院の今道です。

 私は3ヶ月に一度、坂井歯科医院で定期的にお口のメインテナンスを受診しているのですが、歯科助手として歯科医院に勤め始めてから約15年間メインテナンスを欠かすことなく行っています。

 なぜこんなにも長期間欠かさずに定期的に行っているのかと言いますと、お口の中は全身と繋がっていてお口の健康を維持することが大切であることを歯科助手として働きながら学んだからです。私のお口の中を長期間にわたりメインテナンスしてくれている歯科衛生士さんは様々な歯科知識を教えてくれて私を成長させ、公私ともに仲良くしてくださっています。

憧れの歯科衛生士

 歯科医院に勤める前まではお口の中の病気を治すのはドクターの役割だと思っていたのですが、坂井歯科医院では歯科衛生士さんがとても活躍していて、たくさんの患者さんから感謝されている姿に最初は驚きを隠せませんでした。

 歯科助手として働き始めたころの私は右も左も分からない状態で毎日の仕事をこなすことだけで精一杯でしたが、少しずつ仕事に慣れ始めたころから患者さんのお口の健康を守り続けている歯科衛生士さんの仕事をいつしか憧れるようになりました。

 歯科助手として働く私は歯科医院の中でもっと患者さんの役に立ちたいと強く願っていたこともあり、一時期は歯科衛生士になりたい!と思い衛生士学校の資料を取り寄せたこともあります。私の歯科衛生士になりたい!という夢は様々な問題から断念してしまったのですが歯科衛生士という職業は今でも私の憧れであり進路で悩んでいるみなさんに是非おすすめしたい職業であります。

どんなお仕事?

 歯科衛生士とはどのような仕事かと言いますと、歯科疾患の予防や口腔衛生の向上を目的として歯や口腔をはじめとした健康づくりをサポートする厚生労働省が認める国家資格を有する専門職です。

 健康で快適な生活を送るには「自分の歯で美味しく食事をする」「楽しく会話をする」「大きなお口を開けて笑う」などが基本で、全てがお口の中の健康と繋がっています。近年では様々な研究結果からお口の健康と全身の健康の関係が明らかになって、コロナ禍でもお口の中を綺麗に保つことで感染症を予防することができると話題になっていたりと歯科衛生士の役割に関心が高まっています。

口腔衛生業務の専門家

 歯科衛生士の仕事内容は大きく分けて3つあり、1つ目は「歯科予防処置」で人が歯を失うほとんどの原因が虫歯と歯周病であり多くの人が罹患していますが、この虫歯と歯周病を予防することができれば自分の歯で一生を過ごすことができます。虫歯、歯周病を予防する処置として歯垢、歯石などのお口の中の汚れを専門的に除去することやフッ素塗布などの予防的な医療技術があり、歯や歯肉を健康に保ち病気のリスクを軽減させる重要な役割です。

 2つ目は「診療補助」で歯科診療は歯科医師を中心としたチーム医療であり、歯科衛生士は歯科医師の診療を補助する役割とともに歯科医師の指示のもと治療の一部を担うことができます。患者さんとコミュニケーションをとり信頼関係を構築しながら患者さんの痛みや不安を取り除くようにケアをし、歯科診療がスムーズに行えるようサポートする役割があります。

 3つ目は「歯科保健指導」で虫歯や歯周病を予防するには正しい生活習慣やご自身でのセルフケアがとても重要であり、専門的な支援や指導が必要不可欠であります。小さなお子さんからご高齢の方まで各々のライフステージに合わせるのはもちろんのこと、健康な方から病気や障害をお持ちの方など全ての人により最適な支援を行います。

仕事の範囲は広範囲に及ぶ

 近年ではお子さんに対しての食べ方などを通しての食育支援やご高齢の方、要介護者の方への飲み込む力を強くするための嚥下機能訓練なども注目されていて歯科保健指導の範囲は多岐にわたります。

 国家試験に合格すると歯科衛生士として一生活躍することができますし、歯科衛生士は国家資格であるのでお給料も安定していて求人倍率も非常に高く就職しやすいです。女性は結婚や出産、育児、転居など様々な人生の転機が訪れますが、歯科衛生士として働ける場所は全国にありますし、その時の自分に合った職場環境を選択することができますので長く続けることができる職業であります。

 歯科衛生士の仕事は患者さんとの距離が近く、信頼関係を築きながら患者さんの健康を支えることができるためとてもやりがいがあり、人や社会に貢献できる素晴らしい職業であります。

 今後は歯科医療先進国のように日本でもお口の中の健康の大切さがさらに多くの人に理解されることで歯科衛生士の仕事はますます注目されると私は考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました