当院のオフィシャルサイトのリンク

2022年・坂井歯科医院スタート

謹賀新年坂井歯科医院の話題
この記事は約3分で読めます。

新年あけましておめでとうございます。

医療法人育歩会坂井歯科医院および香里園かほりまち歯科の副院長・山川です。

昨年度中は患者様はじめ関係者の方々には大変お世話になりました。本年も昨年同様に歯でお困りの方々へ誠心誠意・歯科医療を提供致しますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

今年はどうなる!?、坂井歯科医院

2021年12月31日、香里園で長年地域の住民の親しまれてきた「フレスト香里園店」が閉店しました。香里園駅と言えば(私なら)フレストを真っ先にイメージするのですが、香里園駅周辺地域に浸透していたスーパーの閉店は解っていた事とは言えショックでした。週に1~2回は食材の買い出しやお昼を買うために立ち寄っていたので(バイヤー推薦の、のり弁が好きでした)これからの影響は個人的には計り知れません。私だけではなく多くの方が否応なく生活スタイルの変更を求められるでしょう。

年が明けた2022年1月5日に出勤すると、駅がすっかり様変わりしていました。

香里園駅から坂井歯科医院にたどり着くための最短ルートにバリケードが設けられていたので、迂回ルートで出勤せざるを得ません。迂回ルートに関しては近日中にホームページ上にて公開致しますが、せめて階段だけでも使わせて欲しかった。

これは患者様への影響も少なからずあるでしょう・・・。

このように、馴染みのあった場所が突然(今回は告知がありましたが)無くなる事は精神的にも生活上にも影響があり、私たちは恵まれた環境で生きていた事を実感させられます。今回はスーパーですが、慣れ親しんだ場所が無くなる影響は大きいという事を実感しました。

そしていよいよ地域の歯科医療の担い手の一つである私たち坂井歯科医院も、今年の夏には医院を現在ある場所からわずかビル一つ分ではありますが、移動致します。

問題はいかに患者様への影響を「ゼロ」に近づけるか

ごく近所に引っ越し

文字にすると簡単そうに見えますが医院の引っ越しは単純ではありません。

まず、現在進行形で通院している方々への案内を100%確実におこなう必要があります。一昔前であれば全て「ハガキ」で処理しておりましたが、現代風にSNSやメールなども駆使しようと考えております。数十人、数百人というレベルではなく数千、数万という方に対して告知をする必要があるので計画立てて行わないと混乱をきたす事が想像出来ます。

また、老朽化した器材などは買い直しとなります。

最新鋭の医療機器が導入されると言えば聞こえは良いですが、新しい設備をスムーズに使いこなす為の移行期間がほとんど無いのが問題です。いつもの使い慣れた医療機器を変更する時は混乱やトラブルが起きやすいので、患者様のご迷惑に繋がる事を避ける方法を考えておかないとなりません。

そして一番の問題、旧医院から新医院への移行期間です。

移行期間「可能な限りゼロ日」を目指します

2022年1月5日現在、まだ正確な移転日(医院移動日)は確定していません

ビルの新築工事の完了時期やフロアの引き渡し日が確定しない事にはアナウンス出来ませんが、現状では7月から9月を予定しています。坂井歯科医院としては患者様へのご迷惑を最小限にする為に「旧医院」から「新医院」への移行期間を「ゼロ日」に可能な限り近づける事を目標に考えております。ただし本当にそれが可能かどうかは今後の続報をお待ちください。状況がわかり次第随時こちらのブログに移転の進捗状況を公開していく予定です。

坂井歯科医院はこれからも香里園で診療します!

一部で「坂井歯科医院は閉店する!?」という噂を患者様からお聞きしますが、それは明確に否定致します。現在の場所からビル一つ分隔てた場所に移転いたします。香里園で1982年の開業以来、今年で40年。大きな節目の年ではありますが、医院は今後ますます成長を遂げて患者様の口腔内を管理致しますので、坂井歯科医院今後ともよろしくお願い申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました